聴力を補うためにすること|鼻づまりが辛い貴方に|想像以上にスッキリできる

鼻づまりが辛い貴方に|想像以上にスッキリできる

聴力を補うためにすること

夫婦

購入前に確認すること

難聴は基本的には治療で治すことが出来るならば治療を行い、治療による改善が出来ないものは補聴器で聴力を補います。聴力が弱いと感じられる方には確認すべき項目がいくつかありそれを挙げます。耳の手術などにより耳の傷や変形がないか・過去3カ月以内に中耳炎や耳いじりによる耳だれが出ていないか・過去3ヶ月以内に急に聞こえが悪くなるあるいはだんだん聞こえが悪くなってきていないか・過去3ヶ月以内に左右どちらかの聞こえが悪くなっていないか・めまいがないか・耳垢が多くないか・耳に湿疹や痛みがないかなどの症状です。これらのどれか1つでも思い当たることがあれば補聴器の装用を考える前に治療で改善する可能性があるので耳鼻科へ行くことをお勧めします。

借りることの利点とは

難聴には治療での回復が望めない場合には補聴器を装用する必要がありますが、すぐに購入するよりも短期でもレンタルすることをお勧めします。補聴器レンタルは耳かけ型やカナルレシーバー型や耳穴型など様々な種類を試してどのように聞こえるのか、フィット感はどうかなどを確認することが出来ますし、ある程度の期間レンタルすることで自宅や外出先などのシーンではどうなのか、自身のライフスタイルに適性があるかも確かめることが出来ます。また、長期レンタルの場合には購入時の負担を抑えることが出来る、いつも最新の機種を使うことが可能などの利点があります。短期レンタルでは旅行や会議などの時だけ使用出来る、購入前に多機種を試せるなどの利点があります。