鼻づまりが辛い貴方に|想像以上にスッキリできる

難聴で求められるお店

男性

補聴器の選び方はまず販売店を探すことから始まります。ネットで購入するよりも実際に試すことのできる販売店の方がおすすめです。販売店が見つからない場合は、耳鼻科の医師に相談してみると良いアドバイスを貰えます。

もっと見る

耳サポート機器を買う

婦人

補聴器を売っている販売店はいくつかあるので注意が必要です。選ぶ際はこちらの要望をしっかり聞いてくれるところにしましょう。またお店を探せる専門サイトもあります。認定補聴器専門店も手っ取り早く見つけられるのです。

もっと見る

聴力を補うためにすること

夫婦

難聴は治療を行って改善することが出来るならばまず治療を行いますので、耳について痛みや傷や耳だれなどの症状がある場合にはまず耳鼻科に行きます。耳鼻科で補聴器を勧められたら購入の前にレンタルしてみることをお勧めします。

もっと見る

耳鼻科の受診が必要です

男の人

原因は様々あります

鼻づまりの原因には様々あり、風邪やアレルギーをはじめ、副鼻腔炎や鼻茸などの場合もあります。風邪の場合は、細菌が鼻の粘膜に入り、粘膜に炎症が起こることによって鼻づまりにつながります。最初は透明な鼻水ですが、徐々に黄色や緑の鼻水に変わってきます。この色の付いた鼻水が1週間以上続くと、副鼻腔炎が考えられますので、耳鼻科を受診するほうが良いです。このまま放っておくと、症状が悪化することがあるので早めの受診が必要です。急性副鼻腔炎は、投薬やネブライザーによっての治療となり、改善することが可能です。しかし治療せずにいると、慢性副鼻腔炎となってしまう可能性もあります。そうなると投薬での改善も難しく、手術が必要となる場合もあります。

レーザー治療もあります

鼻づまりの原因がアレルギーの場合には、投薬や手術のほかにも治療法があります。それはCO2レーザーというもので、二酸化炭素から発生させた遠赤外線を照射する方法です。アレルギーを起こす原因になっている、鼻の粘膜に15分ほど照射することにより、改善へと導くものです。痛みや出血もなく、この治療法によって改善している方も多くいます。また自分で工夫することで、鼻づまりを楽にする方法もあります。例えば温かい蒸しタオルを鼻に当てると、鼻の血液の流れが良くなり、一時的に症状が和らぎます。そのほか片方ずつ、鼻うがいをするのも改善策として知られています。鼻うがいによって鼻の粘膜のほこりなどが洗い流され、鼻の通りが良くなり鼻づまりが楽になるのです。病院に行く時間がとれない時には自分で工夫する方法を選ぶのも良いでしょう。しかし、根本から改善したい場合には、病院の診察で原因を探ってもらうのが一番良いです。